着手金とは

弁護士に交通事故の示談交渉を依頼する際に必ずと言っていいほど発生するのが着手金です。相談料は初回は無料、契約が完了するとその後の相談は無料になることが多いですし、報酬金に関しても案件の成功、不成功によって左右されるので発生するかどうかは、状況に応じて違うのですが、着手金は弁護士にその案件に対して動いてもらうために支払う費用です。

交通事故着手金は基本的に戻ってくることはありません。例えば、納得のいく解決に至らなかった、途中で弁護士を解任したという場合も返金されることはない費用です。案件が不成功に終わっても返金されませんし、委任をする際は必ず契約書を隅々まで確認してから契約するようにしましょう。着手金は前金とは違い、弁護士に依頼する費用の一部を前払いで支払っておくというものではないので注意が必要です。また着手金の相場は案件の難易度によって異なります。弁護士事務所のホームページに大まかな費用が載っていることもありますが、同じ交通事故でも案件は1つ1つ異なることからあくまでも相場として考えておきましょう。イメージとしては難しい案件は着手金も高額になり、簡単な案件は安くなる傾向にあります。

近年は着手金などの初期費用を0円とうたっている弁護士事務所もあります。交通事故などの案件は案件を受ける時点である程度成果を見込むことができるので着手金0で案件を受けている弁護士事務所もあります。

推奨サイト<交通事故 弁護士
初期費用0円で相談できる法律事務所のサイトです。

弁護士費用の項目

弁護士に相談をするのはなんとなく敷居が高いと感じている人もいるのではないでしょうか。その原因として挙げられるのが、弁護士に相談するとどのような費用がかかるのか、どのくらいかかるのかわからないからという理由です。

相談弁護士に相談する場合にまず最初にかかるのが相談料です。時間単位で相談料を設定している弁護士事務所も多いですが、一般的には初回は相談料無料にしているところが多いです。まずは相談だけでもという場合に気軽に利用することができます。次に発生するのが着手金です。正式に依頼をする際に任意契約書を作成すると発生します。そして相談した案件が解決すると報酬金が発生します。この他に契約内容によっては手続きや実費、時間制報酬や日当などが発生することもあります。

弁護士費用の支払いとして一般的なのが、着手金、報酬金、実費を合算して支払う方法です。案件の解決後に支払うことになります。一括で支払うだけではなく弁護士事務所によっては分割での支払いにも応じてくれるので、支払いの負担を軽くすることができます。依頼内容や状況、弁護士事務所によって費用は異なることから、相談時に費用について不安な点があれば質問することができます。

交通事故に遭ったら

交通事故一般的に交通事故に遭うと相手が加入している保険会社と交渉をし、賠償金や車の修理代、ケガの治療代などを請求します。とは言ってもなかなか納得のいかない示談金額になるということも多く、実際に思っていたほど賠償金を受け取ることができなかったと嘆いている人も存在します。そこで保険会社と直接交渉をするのではなく弁護士に依頼して交渉を任せることで示談金の増額を見込むことができる可能性があります。

加入している任意の保険には弁護士特約がついているという人もいるでしょう。弁護士特約とは任意保険に付随して加入するものであり、交通事故に遭った際に加害者に対して損害賠償請求を行う時に弁護士費用や法律に関する相談をする時に発生する費用を保険会社が負担します。依頼する弁護士は自分で選ぶことができる場合がほとんどなので、万が一の際に便利に利用することができるものですが、中には任意保険に弁護士特約をつけていないという人もいるのではないでしょうか。そんな時は弁護士に相談するには費用がかかってしまい、相手の保険会社から提示された示談金で納得するしかないと諦めてしまっていませんか。弁護士事務所の中には成功報酬型の料金形態を取っているところもあるので、気軽に相談することができ、弁護士特約がない場合でも費用を抑えて利用することができます。

ここでは、交通事故に遭った際に示談金の交渉など、弁護士に相談する際にかかる費用の中でも最初に発生する着手金について紹介させていただきます。