交通事故に遭ったら

交通事故一般的に交通事故に遭うと相手が加入している保険会社と交渉をし、賠償金や車の修理代、ケガの治療代などを請求します。とは言ってもなかなか納得のいかない示談金額になるということも多く、実際に思っていたほど賠償金を受け取ることができなかったと嘆いている人も存在します。そこで保険会社と直接交渉をするのではなく弁護士に依頼して交渉を任せることで示談金の増額を見込むことができる可能性があります。

加入している任意の保険には弁護士特約がついているという人もいるでしょう。弁護士特約とは任意保険に付随して加入するものであり、交通事故に遭った際に加害者に対して損害賠償請求を行う時に弁護士費用や法律に関する相談をする時に発生する費用を保険会社が負担します。依頼する弁護士は自分で選ぶことができる場合がほとんどなので、万が一の際に便利に利用することができるものですが、中には任意保険に弁護士特約をつけていないという人もいるのではないでしょうか。そんな時は弁護士に相談するには費用がかかってしまい、相手の保険会社から提示された示談金で納得するしかないと諦めてしまっていませんか。弁護士事務所の中には成功報酬型の料金形態を取っているところもあるので、気軽に相談することができ、弁護士特約がない場合でも費用を抑えて利用することができます。

ここでは、交通事故に遭った際に示談金の交渉など、弁護士に相談する際にかかる費用の中でも最初に発生する着手金について紹介させていただきます。