着手金とは

弁護士に交通事故の示談交渉を依頼する際に必ずと言っていいほど発生するのが着手金です。相談料は初回は無料、契約が完了するとその後の相談は無料になることが多いですし、報酬金に関しても案件の成功、不成功によって左右されるので発生するかどうかは、状況に応じて違うのですが、着手金は弁護士にその案件に対して動いてもらうために支払う費用です。

交通事故着手金は基本的に戻ってくることはありません。例えば、納得のいく解決に至らなかった、途中で弁護士を解任したという場合も返金されることはない費用です。案件が不成功に終わっても返金されませんし、委任をする際は必ず契約書を隅々まで確認してから契約するようにしましょう。着手金は前金とは違い、弁護士に依頼する費用の一部を前払いで支払っておくというものではないので注意が必要です。また着手金の相場は案件の難易度によって異なります。弁護士事務所のホームページに大まかな費用が載っていることもありますが、同じ交通事故でも案件は1つ1つ異なることからあくまでも相場として考えておきましょう。イメージとしては難しい案件は着手金も高額になり、簡単な案件は安くなる傾向にあります。

近年は着手金などの初期費用を0円とうたっている弁護士事務所もあります。交通事故などの案件は案件を受ける時点である程度成果を見込むことができるので着手金0で案件を受けている弁護士事務所もあります。

推奨サイト<交通事故 弁護士
初期費用0円で相談できる法律事務所のサイトです。